ホーム > 先進獣医療

先進獣医療

先進獣医療イメージ写真
ペットの高齢化に伴う疾病の多様化や慢性化、これまで治療が困難だった臓器・組織の機能不全に対し、当院では従来の治療法に加え、先進獣医療である免疫細胞療法および再生医療を新たな選択肢として提案しています。

これらの治療は、現在の動物の状態や状況に合わせたオーダーメイド治療となります。

免疫細胞療法(活性化自己リンパ球療法) 

武蔵小金井ハル犬猫病院の免疫細胞療法

免疫細胞療法は、がん治療の三大療法(外科療法、抗がん剤療法、放射線療法)に加え、第4の治療法として注目されている治療法です。


免疫細胞を体外で増殖させて体に戻す方法で、副作用がほとんどなく、高齢の動物や衰弱した動物に対しても安心して治療が行えます。

また、従来の治療法との併用で得られる相乗効果や、副作用の軽減も注目される点です。
免疫細胞療法(活性化自己リンパ球療法)の詳細はこちら

再生医療(自家幹細胞移植療法) 

武蔵小金井ハル犬猫病院の脂肪幹細胞療法

動物自身の幹細胞を体外で培養・増殖させて、再度体内に導入し、病気や怪我で失った臓器や組織の機能を再生させる治療法です。

これまで治療法が存在しなかった病気に対する新しい治療法として注目されています。
再生医療(幹細胞移植療法)の詳細はこちら