スタッフブログ

2016年9月25日 日曜日

乾性角結膜炎(KCS)に対する先進医療

こんにちは、武蔵小金井ハル犬猫病院です。

先進医療である脂肪幹細胞療法のKCSに対する治療反応の報告をご紹介します。今回の治療対象は通常の治療(ステロイドや免疫抑制剤)に反応しない12頭のワンちゃんです。

【対象】
・ステロイド、免疫抑制剤(タクロリムス、シクロスポリン)、人工点眼などの既存療法に対して反応しない12頭の犬。これらの犬のSTT(涙液量検査)は両眼とも10 mm/min以下。(国内での参考値は15mm以上)
【処置】
・麻酔下にて涙腺周囲に幹細胞を1回注射で投与。
・第三眼瞼腺(瞬膜)周囲へ幹細胞を1回投与。
・人工涙液点眼をしていた患者については継続的に実施。
【結果】
・全体的に移植後3ケ月で顕著に回復。この回復はフォローアップ期間中も維持しており悪化はなかった。
・STT(涙液量検査):9/12頭(75%)が通常の犬のノーマル値(20.2±3.0)とほぼ同程度に戻った。

参考文献:Use of Adipose-Derived Mesenchymal Stem Cells in Keratoconjunctivitis Sicca in a Canine Model
BioMed Research International Volume 2015, Article ID 527926

症例数は少ないですが良好な結果が得られていますね。
脂肪幹細胞療法の詳細はこちらから。


獣医師 鬼木
小金井・国分寺・府中・小平からもアクセス良好な動物病院
武蔵小金井ハル犬猫病院
小金井市貫井南町2−15−11
TEL 042−388−8255

投稿者 武蔵小金井ハル犬猫病院