スタッフブログ

2017年2月 6日 月曜日

当院で行っているアレルギー検査

こんにちは、武蔵小金井ハル犬猫病院です。

犬ではアレルギー性皮膚炎は大きく2つに分類されています。
1つは犬アトピー性皮膚炎(吸い込んだり触ったりすることで起きるアレルギー)、もう1つは食物アレルギー(食べ物から起きるアレルギー)です。

アトピー性皮膚炎はIgEという体内の抗体が関与して起きる反応なので、IgEの検出が重要です。また、食物アレルギーはその7割がリンパ球反応性のもので(3割はIgE反応性)、反応しているリンパ球の検出が重要です。

当院ではこれら2つを組み合わせた血液検査により、アレルギーの原因物質の検出を行なっています。しかしこの検査結果は、その時症状が出ているか、その時何を食べているか、ステロイド剤を投与しているか、などによって解釈がかなり変わって来ます。
アレルギー検査を検討中の方は事前に一度ご相談ください。


獣医師 鬼木
小金井・国分寺・府中・小平からもアクセス良好な動物病院
武蔵小金井ハル犬猫病院
小金井市貫井南町2−15−11
TEL 042−388−8255

images.jpg

投稿者 武蔵小金井ハル犬猫病院