スタッフブログ

2017年4月11日 火曜日

できもの

こんにちは、武蔵小金井ハル犬猫病院です。

体の表面にできものができた時、大きく考えられる候補は「炎症」、「腫瘍」、「のう胞」。
それらは見た目や触った感触だけではわかりません。

それらを判別するためにはできものを構成する細胞を見てみる必要があります。
動物の診療では、細胞を見るために「細胞診」を行うのが一般的で、多くの場合麻酔など必要とせずに行うことができます。

細胞診は必ずしも診断に行き着ける検査ではないですが、治療の方向性がかなり見えてくる検査です。
できものに気づかれた際は早めに動物病院にご相談ください。

獣医師 鬼木
小金井・国分寺・府中・小平からもアクセス良好な動物病院
武蔵小金井ハル犬猫病院
小金井市貫井南町2−15−11
TEL 042−388−8255

DSCF2218.jpg

投稿者 武蔵小金井ハル犬猫病院