スタッフブログ

2018年9月15日 土曜日

腸閉塞の徴候

こんにちは、武蔵小金井ハル犬猫病院です。

大きな異物を飲み込んだり、腸にできものが発生すると腸閉塞(腸が詰まってしい、通れなくなること)がおきます。

完全に詰まったのか、何かが引っかかって通り道が狭くなったのかによっても症状は若干変わりますが、腸閉塞では吐き気が出るのが通常です。

また腹痛を伴うことが多く、元気・食欲も落ちることが多いです。
中には食べる気はあるけども、食べたら吐く、といった症状になる場合もあります。

一部の腫瘍による腸閉塞では抗がん剤が治療選択肢に含まれてきますが、治療は基本的に手術です。

しかし、吐き気が強いから必ずしも腸閉塞というわけでもありません。
いずれにしても、強い吐き気が出ているときは点滴などの治療が必要になるため、早めに動物病院にご相談ください。


獣医師 鬼木
小金井・国分寺・府中・小平からもアクセス良好な動物病院
武蔵小金井ハル犬猫病院
小金井市貫井南町2−15−11

61_1.jpg

投稿者 武蔵小金井ハル犬猫病院

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30