スタッフブログ

2019年2月23日 土曜日

リンパ腫の分類

こんにちは、武蔵小金井ハル犬猫病院です。

犬や猫でしばしば発生することのあるリンパ球の腫瘍であるリンパ腫。
このリンパ腫は、大きく分けると2つのグループに分けられます。

1つは進行の早い高グレードのリンパ腫。
もう一つは進行が比較的緩やかな低グレードのリンパ腫です。

同じリンパ腫という名前の病気ではあるものの、これらは検査方法や治療法、予後(病状の展開)も大きく変わるため、その診断は慎重に行う必要があります。

リンパ腫と宣告されても「リンパ腫=余命が短い」とは限りませんので、しっかりと診断をつけてその先のことを担当の獣医師とよく相談するようにしてくださいね。

獣医師 鬼木
小金井・国分寺・府中・小平からもアクセス良好な動物病院
武蔵小金井ハル犬猫病院
小金井市貫井南町2−15−11
ブログ記事の編集・削除

投稿者 武蔵小金井ハル犬猫病院

カレンダー

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28