スタッフブログ

2018年2月21日 水曜日

☆トリミング4月の日程のお知らせ☆


こんにちは武蔵小金井ハル犬猫病院です!
4月のトリミング日程が出ました。
コチラからご確認ください!

ご予約はお電話にて承っております!
ご希望の方は当院までご連絡ください。
たくさんのご予約お待ちしております!

トリマー 郡司
小金井・国分寺・府中・小平からもアクセス良好な動物病院
武蔵小金井ハル犬猫病院
小金井市貫井南町2−15−11
TEL 042−388−8255

投稿者 武蔵小金井ハル犬猫病院 | 記事URL

2018年2月21日 水曜日

オヤツの量多すぎませんか?

こんにちは、武蔵小金井ハル犬猫病院です。

太り気味の子で「オヤツはちょっとしか与えていません」というお話をよくお伺いします。

ホントに「ちょっと」の時もありますが、実際は「ちょっと」でないこともよくあります。

例えば体重5キロの犬にササミジャーキーを毎日朝晩1本ずつ、合計2本与えているとします。
これ、50キロのヒトに換算したら、朝晩そのササミジャーキーを10本ずつ食べていることになりますよ!
(正確にはそんなに単純な計算ではないでしょうが・・・)

肥満気味でなかなか痩せない時は、オヤツの量を見直してみるとだいぶ変わるかもしれません。
もちろん、間食ナシ!・・・がベストなのでしょうが。。


獣医師 鬼木
小金井・国分寺・府中・小平からもアクセス良好な動物病院
武蔵小金井ハル犬猫病院
小金井市貫井南町2−15−11

34.jpg

投稿者 武蔵小金井ハル犬猫病院 | 記事URL

2018年2月18日 日曜日

フィラリア予防薬の正体

こんにちは、武蔵小金井ハル犬猫病院です。

フィラリアは蚊によって媒介される、心臓に寄生する寄生虫です。
その予防の重要性が広く知られた結果、現在では多くの方がフィラリア予防を実施して、その感染から守られるようになりました。

しかし予防薬を飲んでいても「正確には感染している」ということをご存知でしたでしょうか?

予防薬は「感染しないお薬」ではなく「感染したフィラリアの小虫を駆除するお薬」なんです。
多摩地区での過去10年の蚊の出現統計からは例年11月中旬に最後に蚊が確認されています。

ということは、フィラリア予防薬は「11中旬まで与えれば良い」のではなく、「11月中旬以降に最後の投薬をする」必要があるのです。

獣医師 鬼木
小金井・国分寺・府中・小平からもアクセス良好な動物病院
武蔵小金井ハル犬猫病院
小金井市貫井南町2−15−11




32.png

投稿者 武蔵小金井ハル犬猫病院 | 記事URL

2018年2月14日 水曜日

急ぐ手足の骨折治療

こんにちは、武蔵小金井ハル犬猫病院です。

一般的に手足の骨折は、開放骨折(折れた骨が皮膚を突き破って外にでる骨折)を除き、命に関わることがないために治療の緊急性は高くないです(早い方が良いですが・・・)。

しかし、急ぐ骨折もあります。それは「関節内骨折」です。
関節内骨折とは、その名の通り骨折が関節の中にまで及んでいるもので、その後の後遺症などをできるだけ残さないためには2−3日以内にキレイに整復する必要があります。

それ以上経過すると、骨折した骨の断片が変形し始めてピッタリくっつけることができなくなります。
そうなっても治療は可能ですが、その後関節炎が急激に進行してしまいます。

ご自宅でわかりやすい骨折の徴候は「触ると激しく痛がって、足をつくことができない」です(すいません、あたり前すぎて)。
関節内骨折かどうかはレントゲンを撮らないとわからないので、そんな徴候があった際は早めに動物病院の受診をお願いします。




30.png

投稿者 武蔵小金井ハル犬猫病院 | 記事URL

2018年2月10日 土曜日

エコーガイド下の細胞診

こんにちは、武蔵小金井ハル犬猫病院です。

健康診断や、体調不良の際に行うレントゲン検査・エコー検査で、体内に「できも」のが見つかることがあります。

「できもの」といっても必ずしも悪性腫瘍とは限りません。
血腫(血マメのようなもの)や良性腫瘍、過形成(良性腫瘍の一歩手前のようなもの)など考えられる候補はたくさんあり、その正体によって対処も大きく変わってきます。

以前はこういったものが見つかった際は「お腹を開けて確認しないとわかりません」が普通でしたが、今は超音波(エコー)検査機械の精度が非常に高くなり、「エコーガイド下の細胞診検査」が一般的になっています。

この検査は「お腹の中のできものに対して、エコー画像を見ながら針を刺して細胞を取ってくる検査」です。
この検査だけで診断がつく場合もありますし、診断はつかなくても多くの場合治療の方向性が定まります。
全身麻酔はもちろん必要ありません。(暴れてしまう場合は安全のために鎮静剤を使用します)。

「できものの存在は指摘されているけど、高齢だから何の検査もしていなくて不安」といった状況であるなら、ぜひ一度ご相談ください。当院でおちからになれるかもしれません。

獣医師 鬼木
小金井・国分寺・府中・小平からもアクセス良好な動物病院
武蔵小金井ハル犬猫病院
小金井市貫井南町2−15−11



28.png

投稿者 武蔵小金井ハル犬猫病院 | 記事URL

カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28