スタッフブログ

2018年11月 6日 火曜日

吐かせるために塩を飲ませてはいけません!

こんにちは、武蔵小金井ハル犬猫病院です。

夜間救急のお電話に「誤食したので、塩を飲ませたが吐かない」というお問い合わせがしばしばあります。

塩を大量に飲ませて、もし吐かなかったら高ナトリウム血症から死亡するリスクがあります。
過去に同様の患者さんで、昏睡状態で来院され、そのまま亡くなったワンちゃんもいます。

吐かせるために塩を飲ませるのは絶対にやめてください。
また「オキシドールを飲ませた」という問い合わせも時々あります。

オキシドールを飲ませると胃の粘膜はただれ、重度のびらん・潰瘍ができてしまいます。
オキシドールも飲ませてはいけません。

口コミサイトなどでは、いろんな飼い主さんたちが様々な方法を挙げられておりますが、現在最も安全とされているのは、静脈から吐き気を誘発するお薬を投与して吐かせる方法です。

これは病院でしかできませんが、塩やオキシドールによる催吐(さいと:吐かせること)が非常に高いリスクを伴うことを考えると、面倒でもご来院いただくことが推奨されます。

獣医師 鬼木
小金井・国分寺・府中・小平からもアクセス良好な動物病院
武蔵小金井ハル犬猫病院
小金井市貫井南町2−15−11



13_2.jpg

投稿者 武蔵小金井ハル犬猫病院 | 記事URL

2018年11月 2日 金曜日

多摩地区のフィラリア予防期間はいつまで?

こんにちは、武蔵小金井ハル犬猫病院です。

蚊が媒介する重要な犬の病気にフィラリア症(犬糸状虫症)があります。
フィラリアは蚊が吸血する際に感染し、犬の心臓や肺動脈といった重要な臓器に寄生します。

フィラリアにかかった犬は心臓の働きなどが障害され、死亡するケースもありますが、この病気は月に1回の予防薬で、ほぼ100%予防できます。

予防期間は蚊のいる期間。多摩地区(小金井や府中、小平、国分寺など)では、過去10年の調査では蚊が最後に確認されているのは11月中旬ごろとされていますので、最後の投薬が11月中旬以降になるようにしてくださいね。

獣医師 鬼木
小金井・国分寺・府中・小平からもアクセス良好な動物病院
武蔵小金井ハル犬猫病院
小金井市貫井南町2−15−11



32_4.png

投稿者 武蔵小金井ハル犬猫病院 | 記事URL

2018年10月30日 火曜日

11月の獣医師臨時のお休みのお知らせ

11月の獣医師臨時のお休みのお知らせです。

鬼木獣医師  11/2(金)午前 11/9(金)午前 11/12(月)午前 11/23(金)午前11/26(月)午前
元風呂獣医師 11/1(木)午前11/6(火)午前11/27(火)午前
関口獣医師  11/14 (水)午前
杉浦獣医師  11/13 (火)
菊池獣医師  9/4 (日)

が臨時のお休みとなります。

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願い致します。

投稿者 武蔵小金井ハル犬猫病院 | 記事URL

2018年10月30日 火曜日

「目が白い=白内障」ではありません

こんにちは、武蔵小金井ハル犬猫病院です。

犬の目(今回は眼全体ではなく、瞳孔の中の「ひとみ」を指します)が白くなった際、考えられる変化は2つあります。

1つは核硬化症。犬は歳をとると、程度の差はあれ核硬化症が見られるようになります。
加齢現象の一つと捉えて良いものです。

もう一つは白内障。眼の中のレンズのタンパク変性によって起きる変化です。

核硬化症は治療のしようがありませんし、治療する必要もありません。
しかし白内障は進行してくると眼に害を及ぼしだすケースもあります。

何の悪さもしない場合もありますが、炎症(ぶどう膜炎)を引き起こして緑内障にまで至る場合もあります。

白内障と核硬化症の判別は当院ではスリット検査(目に細い光を当てて観察する検査)によって行っています。

眼が白くなってきたかな~、と感じた際は一度白内障か核硬化症かの検査を動物病院で受けてみることをお勧めします。

獣医師 鬼木
小金井・国分寺・府中・小平からもアクセス良好な動物病院
武蔵小金井ハル犬猫病院
小金井市貫井南町2−15−11

11-1_2.png

投稿者 武蔵小金井ハル犬猫病院 | 記事URL

2018年10月26日 金曜日

ノミダニ予防~食べるタイプと垂らすタイプ~

こんにちは、武蔵小金井ハル犬猫病院です。

ノミダニ予防薬には食べるタイプと垂らすタイプがあり、当院では
食べるタイプ:ネクスガード
垂らすタイプ:フロントラインプラス
を処方させていただいております。
食べるタイプ(ネクスガード)のメリットとして「投与後すぐにでもシャンプーなどができる」ため、頻繁にシャンプーをされる飼い主さんからの評判が良いです。

一方、デメリットとして「警戒されると食べさせるのが難しい」ということが挙げられます。

また、垂らすタイプ(フロントラインプラス)のメリットとしては「垂らすだけなのでほぼ確実に投与できる」ので、食の細いコの飼い主さんからの評判は良いですが、デメリットとして「背中が濡れる。
投与前後1日はシャンプーなどができない」ということが挙げられます。


向き不向きがありますので、この辺のメリットデメリットをふまえて選んでいただければと良いと思います。


獣医師 鬼木
小金井・国分寺・府中・小平からもアクセス良好な動物病院
武蔵小金井ハル犬猫病院
小金井市貫井南町2−15−11



10gatu_1.jpg

投稿者 武蔵小金井ハル犬猫病院 | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31