ホーム > 循環器科(心臓)診療

心臓の診療

心臓診療のイメージ画像

心臓の診療

心臓病は犬では死亡原因第2位、猫では第4位といわれています。心臓は酸素や栄養を全身に送り出すためのポンプのような臓器です。そのため心臓病にかかると色々な問題が生じます。

小型犬では加齢に伴う弁膜症、大型犬・猫では心筋症が発生しやすいですが、いずれも発症初期は症状が出てこないことが大半です。症状が出るのは重篤化してからになることが多いので、当院では高齢になった犬猫を対象として心臓の健康診断をお薦めしています。

弁膜症(べんまくしょう) 

弁膜症とは、心臓の弁に障害が起き、本来の役割を果たせなくなった状態をいいます。
特に犬では僧房弁(そうぼうべん:左心房と左心室の間の弁)に弁膜症が起こりやすく、結果として僧房弁閉鎖不全症を発症します。僧房弁閉鎖不全症は進行すると肺水腫(はいすいしゅ)から呼吸困難を起こし、生命の危険をもたらします。

僧房弁閉鎖不全症は小型犬(特にマルチーズ、シーズー、ポメラニアン、プードル、キャバリアなど)に多く発生します。若い犬の場合、心臓病を持っている割合は最大で15%とされていますが、年を取った犬ではこの割合が60%以上にまで上昇すると言われています。

心筋症(しんきんしょう)

心筋症は、心臓の筋肉の病気です。心筋症には大きく分けて「拡張型心筋症」と「肥大型心筋症」があります。
「拡張型心筋症」は、心室の筋肉の収縮が極めて悪くなり、心臓が拡張してしまう病気です。ドーベルマン、グレートデン、ブルドッグなどの大型犬・超大型犬に多く認められます。
「肥大型心筋症」はメインクーン、アメリカンショートヘア、ペルシャ、ラグドール、スコティッシュフォールドなど、猫に多く認められます。特に猫の心疾患を診断するのは困難で、胸の聴診のみでは心疾患の猫の70%は異常が検出できないとも言われています。
心臓の検査
・聴診、触診
心臓病では多くの場合、聴診器で「心雑音(しんざつおん)」が聴取されます。
心雑音とは心臓内の血の流れが乱れる音で、音の発生場所から病気の候補が絞り込めることもあります。また、心雑音は重症化してくると、触診で「スリル」と呼ばれる胸壁の振動が手で感じる事ができるようになります。
ただし、心臓病の中には心雑音が発生しないものもあります。また心雑音が軽度でも病気が重症なこともあるので、通常心雑音が聞き取れた場合にはエコー検査を主体とした追加検査を行って診断を行います。

・血液検査
心臓病は血液検査結果に様々な変化をもたらしますが、心臓の特殊検査として心臓バイオマーカーであるNT-proBNPがあげられます。
NT-proBNPは、心筋への負担を数値で表したもので、心不全の重症度評価や心臓病の早期診断としても有用です。健康な動物で上昇している場合は、今後心臓病が発症、もしくは重症化することが予想されます。

・レントゲン検査
心臓の大きさや血管の異常の有無、肺を評価する検査です。特に心臓の大きさを評価するには優れた方法です。さらに心臓超音波検査(エコー検査)では検出できない肺の病気も評価することも可能な検査です。

武蔵小金井ハル犬猫病院 レントゲン画像

・心電図検査
心臓の鼓動のリズムが不規則な場合、不整脈の発生が予想されます。ただし、不整脈には病的なものとそうでないもの(生理的な不整脈)があります。治療の必要性の見極めにはその不整脈の種類を特定する必要があり、不整脈の診断には心電図検査が必要となります。

・心臓超音波(エコー)検査
心臓のリアルタイムな動きや、心機能の評価に非常に有効な検査です。エコー検査を行うことにより心臓の収縮力、血液の流れや速度などがわかるため、早期の心臓病も正確に重症度診断ができます。また、心臓病の治療に使用するお薬の内容も、主にエコー検査の結果によって決定されます。
 
武蔵小金井ハル犬猫病院 心臓の超音波画像
 
心臓の健康診断 
当院では「心臓の健康診断」として、以下の検査を行っております。
聴診を含めた身体検査
血液検査(NT-proBNP:後日結果報告)
レントゲン検査
心電図検査
心エコー検査

・検査の流れ

午前中の診療時間(9:00-12:00)にお預かり
     ⇓
お昼の間に検査
     ⇓
当日の午後の診療時間(16:00-19:00)にお迎え、検査結果のご説明。
(NT-proBNPは後日報告となります)

・費用
体重によって変わりますが(体重10kg毎)、基本的な料金についてはこちらをご確認ください。